"本"の記事一覧

グロいホラーだと思ったら、めちゃおもしろかった藤崎竜のコミック「屍鬼」

 怖いのはダメで、黒いのも苦手な私なのですが、  ホラー小説の第一人者、スティーブンキングの『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』  にインスパイヤーされて書き上げられた小野不由美原作のこちら、読み始めたらおもしろくて  藤崎竜のコミック屍鬼(しき) (ジャンプコミックスDIGITAL)を、いっきに11…

続きを読むread more

心の奥深くにある良心を眠らせないために「君たちはどう生きるか」を読んでみてね

 少し前から話題になっている こちらを読んでみました  漫画 君たちはどう生きるか 1401円です。  この本は、80年も前に出版された吉野源三郎氏著作の児童向け教養小説なのですが   羽賀翔一氏の漫画を加えて読みやすくしたことで、 『世界一受けたい授業』を初めとするテレビ番組で次々と取り上げられ  本屋…

続きを読むread more

スキマ時間で、耳から読書♪オーディオブックのFeBeで、「キミスイ」聴いてみました~♪

 オーディオブックがジワジワ人気を呼んでいると聞いて、お試ししてみました~   選んだのは、累計売り上げ冊数58万部突破、2016年本屋大賞第2位のベストセラー小説  先日 映画にもなった 住野よる著の『君の膵臓をたべたい』です     これねぇ、オーディオブックのFeBeでも人気の商品で  プロの声優の鈴…

続きを読むread more

ベストセラー一位の仕掛け絵本「ダイナソー」♪大人も息をのむ迫力です

 クリスマスに本を贈りませんか?とっても楽しくて、驚きの仕掛け絵本がいろいろ出てますよ。  中でも、とっても有名な本と言えば、アマゾンの洋書絵本で一位のベストセラー、こちら       ダイナソーです。  日本語版タイトルは、「恐竜時代」で、4320円。洋書版は、4058円です。  信じられない迫力の立体的…

続きを読むread more

無料で読める「夜廻り猫」324話は、本当に切なくて泣けました

 少し前に 第21回 手塚治虫文化賞を受賞した、短編漫画の「夜廻り猫」   これなんですが  先日テレビ放送された「カンナさーん!」の作者の深谷かほるさんが書いた漫画で、  もともとは、ネット投稿だったからか、今もネットに毎週三話ずつ更新されていて、無料で見ることができるんです。  にゃんころもちは、ブッ…

続きを読むread more

ベルメゾンネット