ノンスティック・コーティングで安心の「グリーンパン チョップ&グリル 」でステーキを作ってみました~♪

 お掃除が楽で便利だけど、うっかり空焚きしたり、高温で熱すると 有害物質が発生するのがフッ素加工のフライパン!

 でも、鉄のフライパンは、こびりついたり錆びたりするから、使いにくい。。。。

 そんなお悩みを抱えながらお料理しているご家庭に、無害なセラミックをコーティング製品はいかがですか?

IMG_3601.jpg

 お店の焼き色 網焼きステーキが楽しめる、セラミック・ノンスティック・コーティング加工の

 グリーンパン チョップ&グリル で、ステーキを作ってみました~~  

 これなんですが、

IMG_3604.jpg

  実は、一般的なフッ素コーティングは、強火で2~3分加熱することで、加工がはげ

 フッ素が気体になってしまいます。

 しかも、その気体は、小鳥が吸い込むと死んでしまうくらい有害とされています。

IMG_3602.jpg

 うっかり空焚きして、フライパンから煙が出ていた経験が私にはありますが

 あの時、まさに、有害物質が出ていたのですね。

 また、フッ素コーティングフライパンが部分的にこびりついていた時、

 調理中の食べ物の中に、はげたフッ素が混ざっちゃったりしてたのかなあ?

IMG_3603.jpg

 フッ素加工のフライパンは皮膜がはげると危ない・・・と知ってはいましたが

 鉄のフライパンだと、錆びるし焦げる。

 おまけに、洗うのが大変だから、フッ素コーティングのフライパンに頼っていました。

 その点、今回使用したグリーンパンは、サーモロン・ヘルシーセラミック・ノンスティック・コーティングを採用しています。

無698題.jpg

 これは、砂と同じミネラル成分で出来ていて、PFAS、鉛、カドミニウムなどの重金属類を一切使用ていません。

 また、耐久性に優れていて、450 度の耐熱温度がある上、熱伝導率が高く省エネ効果があり

 遠赤外線効果もあるため、より美味しくお料理を仕上げることができるそうですよ。

 ではでは、さっそく使ってみますね。

IMG_3609.jpg

 お店憧れの凹凸が付いたフライパンです。

 洗剤で洗った後は、火にかけて乾かさず、ペーパーなどで水をふき取るのがよいそうです。

 薄く油を引いてから使います。
 
 熱効率がよいから、弱火か中火でOK!

 なのに、しっかりと焼き目がつくと言うので楽しみです。

IMG_3625.jpg

 そうなんです、フッ素加工のフライパンは、高熱にしてはだめだから中火以下で使うべきなんですが

 肉を焼くと、調理に時間がかかるからか、煮たような風味になって、あまりおいしく焼けません。

 今回は、いつもよりちょっといいお値段のお肉を買ってみたので、焼き上がりが楽しみです。

IMG_3624.jpg

 スティック状にカットしたジャガイモも、余ったスペースに並べて焼いてみました。

 初めて使うので、裏返すタイミングがイマイチわからず、何度も見ていたら、少し焼き目がぶれてしまいましたが

 ほらほら、こんな感じに焼けましたよ。

IMG_3629.jpg

 途中からエリンギも並べて焼きました。

 出来上がりがこれだ!!

 IMG_3638.jpg


 おお~~! 網焼き風の焼き目がくっきりと 

 ポテトもエリンギも一緒に焼きあがって、

 IMG_3635.jpg

 お肉が、うまうま~~~ 

 食べ終わったら、少し冷ましてから、まずはキッチンペーパーで、すぅ~~~っと・・・

IMG_3641.jpg

 セラミック・ノンスティック・コーティングだから、気持ちよくひと拭きできれいになりました。

 うんうん、いいね、こうでなくっちゃ

 テフロン加工のフライパンって、大切に使っても一年前後で 皮膜がはげてダメになるものがほとんどだと思うけど、

 本物のセラミックコーティングされたグリルパンのサーモロン・セラミックは、より皮膜が強固だそうなので、これは楽しみ 

 これからは、焼肉だけでなく、焼き魚や焼きいもにもチャレンジしてみたいと思います

IMG_3601.jpg

 安心安全素材を使用したグリーンパンには、グリーンパン チョップ&グリルの他にもいろんなサイズの商品が出ているので、チェックしてみてね。

 グリーンパンシリーズは、グランメゾン東京でも多数使用されているそうですよ。

 今回は、ザ・クックウェア・カンパニー・ジャパン株式会社のモニターに参加してお試しさせてもらいました。ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

 にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村
おいしいお話には、ポチッと応援♪嬉しいです。いつもお立ち寄りいただき、ありがとうございます。

この記事へのコメント

ベルメゾンネット